000000
リッキーあおやぎ ピクチャーボード
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル (?)
コメント (コメント欄にURLを記入した場合、spam扱いとなり投稿できません)
URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

コブシ 投稿者:jyurai 投稿日:2017/03/17(Fri) 22:19 No.3473  

rickyさん こんばんは

今日は長谷地区を少し回ってみました。
長谷寺さん=白木蓮・辛夷・寒緋桜・黄梅等々、桜の咲く前に咲いていてくれました、珍しい所では【深山含笑】と言う辛夷の仲間でしょうか、綺麗でした。
光則寺さん=門前の梅がまだ綺麗、花桃・三椏・椿、山の方に見えた大木の辛夷は豪華です。
御霊神社=境内の緋桃は折れてしまったようですね、綺麗だったのに残念でした。

1枚貼らさせていただきました、長谷寺さんの辛夷です

そろそろ桜の季節になりますね、祭りも続いてお忙しくなるでしょう。



Re: コブシ ricky - 2017/03/18(Sat) 07:02 No.3474   HomePage

jyurai さん おはようございます

長谷寺さんの辛夷、いいですね。いよいよ季節到来の感が、
確かに光則寺さんの門前の梅、光に映えて目を引きますね。山の上の方、辛夷でしょう。これも見ごたえがありました。
三連休、鎌倉もさらに観光の方が増えるでしょう。
撮影は、譲り合って楽しみたいですね。



東日本大震災 追悼・復興祈願祭2... 投稿者:ricky 投稿日:2017/03/12(Sun) 10:27 No.3472   HomePage

東日本大震災から6年、平成29年3月11日(土)午後2時40分より、「東日本大震災 追悼・復興祈願祭」が鎌倉宗教者会議により鶴岡八幡宮にて行われた。鶴岡八幡宮の舞殿では、鎌倉の神道、仏教、キリスト教が合同祈願を執り行い、多くの参拝者と被災地に向けて1分間の黙祷と祈りをささげ、復興を祈願しました。

続きは、ハウスマークからご覧になれます。




東日本大震災復興祈願万灯会2017 投稿者:ricky 投稿日:2017/03/10(Fri) 23:57 No.3471   HomePage

2011年3月11日午後2時46分、三陸沖で発生し、東日本の各地に甚大な被害を及ぼした東日本大震災、明日で6年を迎える。その前夜、鎌倉扇ガ谷、浄光明寺にて18時より、東日本大震災復興祈願万灯会が主催 鎌倉十三仏詣実行委員会 により行われた。皆様から寄せられた願いのこめられた万灯がゆらゆらと境内やお堂の周りに奉納された。この万灯会が浄光明寺で行われるのは2011年6月11日以来2回目、鎌倉の寺院の宗派を超えた追悼読経を行っている。
今日は、海蔵寺の薬師堂前より浄光明寺まで僧侶による行道が行われ、浄光明寺に入山すると仏殿で臨済宗読経、観音堂で日蓮宗読経、客殿で浄土宗読経 、不動堂では真言宗読経が行われ、その後、合同読経を参拝者に向かい行われた。境内には協賛店舗のブースそして震災関連映像上映なども行われ、東日本大震災の大災害を参拝者の方々と改めて心に刻んだ。

続きは、ハウスマークからご覧になれます。



ミモザ 投稿者:jyurai 投稿日:2017/03/08(Wed) 21:27 No.3468  

rickyさん こんばんは

久々になってしまいました、その間に例年より早く咲いた梅は既に終了間際、咲いている期間も短かったようですね。

今日の午前中少し回ってみました。
材木座方面の実相寺さん、ミモザが綺麗でした、同じ地区の来迎寺さんの大木が駄目になってしまってから数年経ちますが、その頃まだ小さったこちらのミモザはだいぶ房も大きくなってきましたね。その後安国論寺さんに、山茱萸だけが咲いていました、梅はやはり終了でした。

1枚貼らさせていただきました、実相寺さんです。



Re: ミモザ ricky - 2017/03/09(Thu) 09:29 No.3469  

jyuraiさん こんにちは

ミモザ、家々で咲いているミモザを見たとき、jyuraiさんが見つけた実相寺のミモザの写真を思い出してしまいます。今頃どうだろうかと。様子が分かってありがたいです。記憶に残る写真を撮る、これですね。
梅、モクレン、桜と移り変わる時期なのでしょう。山茱萸といえば報国寺さんのお庭が良かった記憶があります。今年はどうでしょう。
週末例年の撮影で忙しくなります。jyuraiさんもお時間が取れましたら、撮影に楽しんでください。また、撮影に出られましたらお便りください。



祈年祭2017 投稿者:ricky 投稿日:2017/02/18(Sat) 22:47 No.3467   HomePage

2月17日強い風が吹いている中、鶴岡八幡宮では10時より「祈年祭」(きねんさい)が行われました。春の初めに一年の五穀豊穣などを祈るお祭で、毎年2月17日に行われます。

古くは「としごいのまつり」とも云われており、「祈年祭」の「年(とし)」とは「稲(穀物)の稔り」を意味しその豊穣を年の初めに神様へお祈りするお祭でしたが、今日では農業に限らず全ての産業の発展や国家の繁栄、国民の健康や幸福を祈るお祭となっています。

また、農作物の収穫を感謝する11月の「新嘗祭(にいなめさい)」と対をなし、神道祭祀の中でも特に重要なものとして位置づけられており、宮中を始め全国各地の神社で厳粛に祭典が執り行われています。

鶴岡八幡宮では、御本殿内に氏子崇敬者の皆様から奉納された多くの農作物をお供えし、巫女の「浦安の舞」が奉奏されます。(鶴岡八幡宮祭りの意味より)

続きは、ハウスマークからご覧になれます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Edit by Lunar Studio